> > 3級 商業簿記《有価証券》

オフィシャルブログ|ホームスタディ(Home study)- 簿記講座の家庭学習

3級 商業簿記《有価証券》

2014年1月11日

平成25年11月に行われた第135回簿記検定の結果が公表されました。
http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/news/data.php

各級の合格率(合格者数)は、次のとおりです。
1級:10.4%(1,153名)
2級:22.5%(13,601名)
3級:48.0%(45,045名)

さて、今回は有価証券です。3級での論点は多くありませんから、完璧に理解して得点源にしましょう。


【チェックリスト】

  1. 有価証券勘定に含まれる、株式と債券の違いを理解しているか?
  2. 保有目的別分類(3級では売買目的有価証券を学習)を理解しているか?
  3. 受取配当金と有価証券利息の違いを理解しているか?
  4. 売却時の仕訳ができるか?
  5. 決算時の時価評価仕訳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. さきに売買目的で、額面100円につき95円で買い入れたA社社債のうち、額面総額1,000,000円を額面100円につき97.5円で売却し、代金は当座預金口座に入金された。
  2. 決算において、売買目的で保有しているB社株式(帳簿価額@9,800円)70株の時価が@6,700円になっていたいため、評価替えを行う。



【解 答】単位:円

  1. (借)当座預金 975,000  (貸)売買目的有価証券 950,000
                   有価証券売却益 25,000

     帳簿価額:1,000,000×0.95=950,000
     売却価額:1,000,000×0.975=975,000
     売却損益:売却価額975,000-帳簿価額950,000=売却益25,000(マイナスの場合は売却損)

  2. (借)有価証券評価損 217,000  (貸)売買目的有価証券 217,000

     (時価@6,700-帳簿価額@9,800)×70株=△217,000(プラスの場合は評価益)

     時価評価の結果、売買目的有価証券のB/S計上額は@6,700×70株=469,000となります。

カレンダー

前の月へ   2014年1月   次の月へ
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

PAGETOP