> > 3級 商業簿記

オフィシャルブログ|ホームスタディ(Home study)- 簿記講座の家庭学習

3級 商業簿記の最近のブログ記事

いよいよ3級の論点チェックリストも最終回です。今回はこれまでのまとめとして、財務諸表を作成する手続きを見ていきます。試験の最終問題は、財務諸表か精算表のどちらかを作成させる場合が多いですから、合否を大きく左右する最重要論点といえます。



【チェックリスト】

  1. 決算手続の流れを理解しているか?
  2. 期中処理をまとめた決算整理前残高試算表を作成できるか?
  3. 決算整理仕訳ができるか?特に重要な決算整理事項として、次のようなものが挙げられる。
    ・ 現金過不足の処理
    ・ 3分法における売上原価・期末商品の算定
    ・ 貸倒引当金の設定
    ・ 売買目的有価証券の時価評価
    ・ 有形固定資産の減価償却
    ・ 収益・費用の見越し・繰延べ
    ・ 消耗品の処理
  4. 8桁精算表を作成できるか?
  5. 決算整理後残高試算表から損益計算書・貸借対照表を作成できるか?



【今日の一問】
 次の決算整理仕訳を行いなさい。

 決算整理前残高試算表には、繰越商品45,000円、仕入827,000円の記録がある。期末に棚卸しを行ったところ、39,000円の商品が残っていた。なお、棚卸減耗等は生じていない。

「伝票」なんてなんだか古臭く聞こえるかもしれませんが、多くの会計ソフトでは伝票形式での入力を採用しているため、実務でも役に立つ知識です。会計士や税理士ではあまり扱わない、簿記検定における特徴的な論点のひとつですね。


【チェックリスト】

  1. 「仕訳帳の代わりに伝票を利用する」という仕組みを理解しているか?
  2. 3伝票制と5伝票制の違いを理解しているか?
  3. 仕訳→伝票、伝票→仕訳 の変換ができるか?
  4. 3伝票制における一部振替取引で、「取引を分解する方法」と「取引を擬制する方法」の両方で処理ができるか?



【今日の一問】
 次の取引の伝票を起票しなさい。

  1. 5伝票制において、A商店に商品50,000円を現金で売り上げた。
  2. 商品30,000円を掛で仕入れ(仕入勘定を用いる)、引取運賃2,000円は現金で支払った。3伝票制で、一部振替取引は「取引を擬制する方法」により起票する。

今回は収益と費用がテーマです。
収益の項目や費用の項目は非常に数が多いため、出てくるつどひとつひとつマスターしていくのが望ましいです。
ただし、【チェックリスト】の論点は特に重要性が高いものですから、集中的に学習しておきましょう。


【チェックリスト】

  1. 費用になる税金と費用にならない税金の区別ができるか?
  2. 費用になる税金を処理する「租税公課」勘定を使えるか?
  3. 収益・費用の見越し・繰延べを理解しているか?
  4. 消耗品費を「資産処理」と「費用処理」の両方で仕訳できるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 当期半年経過時点で、むこう1年分の家賃1,200,000円を前払いした。決算に際して必要な仕訳は?
  2. 消耗品8,000円分を購入時に資産として処理しているが、期末までに2,000円分が未使用であった。決算に際して必要な仕訳は?
  3. 消耗品8,000円分を購入時に費用として処理しているが、期末までに2,000円分が未使用であった。決算に際して必要な仕訳は?

平成26年公認会計士試験第1回短答式試験の合格発表があり、合格者数は1,003人、合格率(合格者数/受験者数)は16.8%でした。「いずれは公認会計士!」という方は、公認会計士・監査審査会の情報も参照してください。
http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/tantougoukaku26-1.html

今回は資本金と引出金です。特に引出金は簿記3級以外では目にすることが少ない論点ですので、この機会にきちんとマスターしておきましょう。


【チェックリスト】

  1. 資本の元入れの仕訳ができるか?
  2. 追加元入れの仕訳ができるか?
  3. 資本の引出しの仕訳ができるか?
  4. 当期純損益の計上仕訳ができるか?
  5. 店主個人の所得税等の仕訳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 店主から、現金3,000,000円と備品500,000円の元入れを受けて開業した。
  2. 決算に際して、損益勘定で集計された純利益1,000,000円を資本金勘定に振り替えた。
  3. 店主個人の所得税200,000円を店の現金で支払った。

全国各地で寒波や大雪の被害が出ているようです。寒さで体調を崩さないよう、十分に気を付けてくださいね。

今回は貸倒損失と貸倒引当金です。単なる暗記ではなく、「適正な期間損益を計算するため、将来発生が見込まれる損失を前倒しで計上する」という引当金の本質を理解したいところです。


【チェックリスト】

  1. 貸倒損失の仕訳ができるか?
  2. 貸倒引当金の見積計算ができるか?
  3. 差額補充法による貸倒引当金の計上仕訳ができるか?
  4. 貸倒引当が設定されている場合の貸倒れ仕訳ができるか?
  5. 償却債権取立益の仕訳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 決算に際して、売上債権の残高3,200,000円に対して2%の貸倒引当金を見積もる。ただし、貸倒引当金の残高が80,000円ある。
  2. 前期に貸倒れ処理した売掛金200,000円のうち、100,000円を現金で回収した。

連休いかがお過ごしですか?連休中も休まず勉強した方は、おおいに自信をもってください!連休中勉強から離れてリフレッシュした方は、気持ちを新たに頑張りましょう。

今回は有形固定資産です。2級や1級になると論点が多いため、「この論点はでるかな?」という発想になりますが、3級は論点が少ないため、前回の有価証券や今回の有形固定資産などの重要論点はほぼ間違いなく出題されると考えてください。


【チェックリスト】

  1. 流動資産と固定資産の区別を理解しているか?
  2. 資本的支出と収益的支出が発生した場合の仕訳ができるか?
  3. 売却時の仕訳ができるか?
  4. 定額法による減価償却計算ができるか?
  5. 減価償却の直接法と間接法による記帳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 1,500,000円で機械を購入し、代金は後日支払うこととした。なお、機械購入時に発生した引取運賃20,000円は現金で支払った。
  2. 決算にあたり、当期中に800,000円で購入した備品の減価償却を行う。当該備品は決算の3か月前に購入し、同日から事業の用に供している。減価償却は定額法(耐用年数5年、残存価額10%)によって行い、間接法で記帳する。

平成25年11月に行われた第135回簿記検定の結果が公表されました。
http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/news/data.php

各級の合格率(合格者数)は、次のとおりです。
1級:10.4%(1,153名)
2級:22.5%(13,601名)
3級:48.0%(45,045名)

さて、今回は有価証券です。3級での論点は多くありませんから、完璧に理解して得点源にしましょう。


【チェックリスト】

  1. 有価証券勘定に含まれる、株式と債券の違いを理解しているか?
  2. 保有目的別分類(3級では売買目的有価証券を学習)を理解しているか?
  3. 受取配当金と有価証券利息の違いを理解しているか?
  4. 売却時の仕訳ができるか?
  5. 決算時の時価評価仕訳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. さきに売買目的で、額面100円につき95円で買い入れたA社社債のうち、額面総額1,000,000円を額面100円につき97.5円で売却し、代金は当座預金口座に入金された。
  2. 決算において、売買目的で保有しているB社株式(帳簿価額@9,800円)70株の時価が@6,700円になっていたいため、評価替えを行う。

名宛人や指図人、自己宛や自己指図といった難しそうな言葉がならぶ手形取引ですが、「お金を受け取る側では受取手形、支払う側では支払手形を計上する」とシンプルに理解してください。
チェックリストの論点はどれも重要ですが、その中でも特に、為替手形と裏書・割引に注意をはらって学習を進めましょう。


【チェックリスト】

  1. 約束手形と為替手形の基本仕訳ができるか?
  2. 手形の裏書と割引を理解しているか?
  3. 受取手形記入帳と支払手形記入帳の読み取りができるか(特に「てん末」欄に注意)?
  4. 手形貸付金と手形借入金の仕訳ができるか?
  5. 自己指図為替手形と自己宛為替手形の仕組みを理解しているか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 当社はA社に対する買掛金350,000円 を決済するため、かねて売掛金のあるB社の引き受けを得て、A社を受取人とする為替手形を振り出した。
  2. 当社はC社振出の約束手形180,000 を取引銀行で割り引き、割引料2,160円を差し引いた残額が当座預金に振り込まれた。

ひとつひとつの論点は難しくないけれど、普段から繰り返し勉強しないので、試験のときにど忘れしてしまう...
債権・債務は、そんなリスクをはらむ論点です。
なお、重要性が高い手形取引は単独の論点として扱いますので、次回をお楽しみに!


【チェックリスト】

  1. 売掛金明細表と買掛金明細表の読み取りができるか?
  2. 前払金・前受金の、仕入・売上への充当仕訳ができるか?
  3. 利息の計算も含め、借入金と貸付金の処理を理解しているか?
  4. 未収金・未払金と、売掛金・買掛金の区別ができているか?
  5. 預り金を含む給与支払仕訳ができるか?
  6. 他店商品券(資産)と商品券(負債)の相殺仕訳ができるか?



【今日の一問】
 次の仕訳を行いなさい。

  1. 500,000円の借入金を、3か月分の利息とともに小切手を振り出して返済した。なお、借入期間は1年、利息は年3.0%である。
  2. 従業員への給料200,000円の支給に際して、源泉所得税4,770円を差し引いた金額を現金で支払った。

今回は、3級における最重要論点である商品売買です。
商品を買ったとき、売ったとき、期末に残っているときの3つの時点で、それぞれどんな論点があるか?という観点から整理しておきましょう。


【チェックリスト】

  1. 分記法と3分法で商品売買の仕訳ができるか?特に3分法は、決算整理仕訳を理解しているか?
  2. 仕入諸掛と売上諸掛(発送費)の処理を整理できているか?
  3. (3分法における)仕入値引・仕入戻し、および、売上値引・売上戻りの仕訳ができるか?
  4. 先入先出法と移動平均法のそれぞれで、商品有高帳を作成できるか?
  5. 先入先出法と移動平均法のそれぞれで、売上総利益を計算できるか?



【今日の一問】
 次のケースにおいて、先入先出法を採用している場合の売上総利益を計算しなさい。

  • 期首商品棚卸高:@100円×100個
  • 当期商品仕入(第1回):@120円×130個
  • 当期商品仕入(第2回):@150円×70個
  • 当期商品売上:@200円×210個
  • 期末商品棚卸数量:90個

カレンダー

前の月へ   2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

PAGETOP